2018年01月28日

アオナミ草子 236

大寒・末候(1/30-2/3) = 「雞始乳」 ニワトリ ハジメテトヤニツク
                 (鶏が卵を産み始める)

         お気に入り 俳・歌・柳 壇 
            
           < 俳 壇 > 八十の 身の影かたき寒さかな  (豊田市) 光 洋

                 冬木立 寡黙な人がなほ寡黙   (豊田市) 幸 子
                 
                 厳父より 慈父の厳しさ冬の草  (みよし市) 長
                 
                 正座して 膝に置く手に淑気満つ (豊田市) 幸 子
                 
                 まっすぐに 海風の来る野水仙  (東 区) 淳 子
                                       
                *******************************************************


    < 歌 壇 >  稼がない葉を捨てて冬を耐え
            メタセコイアに雪雲迫る     (瑞穂市)芳 郎

            祖父植えて百年を超す山茶花は            
            花なき冬を楽しめと咲く     (能登市)裕 幸
 
            遠山に初雪しろく見ゆる朝
            ひとりさみしき朝餉にむかふ   (広島市) 弘
                       
            東方の高層ビルだけ輝いて
            冬の夕日を充電してる      (稲沢市)ひろ子

            月かげの照りかがやける庭の木は 
            裸木となり寒々と立つ      (鳥羽市) 溪 子           
          
           ****************************************************** 

 < 季節の画像情報 >  若草山・野焼き
 
 
*********************************************************************
          
   < 川 柳 >  申告に 燃えるわずかな還付金   (雅 子) 

          センサーが 鈍る頭脳に喝入れる  (与利子)

          理不尽に ほえねばならぬ時もある (武 夫)

          遠吠えの 君も独りか寒の月    (ゆみえ)
    
          言うまいと 呑んだ言葉が顔に出る (益 子)
           
.< 虫食い川柳 >
 (前回の解答例)  e1. 忘  2. 確率  3. 悩  4. 買  5. 保存




Posted by あおなみ遊子 at 07:56│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL