2019年03月20日

アオナミ想 Q

春分・ 初候   2019/03/21 ~       
「雀始巣」 雀(すずめ)始(はじ)めて巣(す)くう
 
             お気に入り  俳・歌・柳 壇  301
       
        < 俳 壇 >
               悟ること なくて信心彼岸来る      深見 けん二

               朗報を 遺影に告げている祈り    (鳥羽市)  たみ子

               朗報の 来ずかたくりのはなの反り  (秋田市)  耕

               燃え尽きる ために追加の薪を割る (蒲郡市) 義 昭
                                                                            
        < 歌 壇 >                  
                 渾身に投げ打つ網のひろがりて 
                 真冬川面の光掴みぬ   (三重・多気) と 志                 
                 
                 腰痛の治りし記念に百五十歩
                 川辺の桜ほころぶを見る   (羽島市) 芙紗子

                 買い渋り買い渋り来し補聴器に
                 飛び込んでくる行事の美声 (春日井市)準 侑

                 祝日に国旗掲げる習はしが 
                 わが町内に一軒となる    (天白区) 昌 子  
                   
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  321 
   *酒粕になって二度目の▢ に就き                   
   * 進む酔い ▢▢ くさい標準語                              
   *虫が好かぬ 日頃が▢で絡みだす
   * ▢▢ 日に 聞きたくはない八代亜紀                       
   * ふる里の 訛りが▢ を注ぎに来る                          
   * 子どもには 未来 ▢ には酒がある    
   *居酒屋に ▢▢ のゴミ箱がある

     
  
                    

     →職  →面倒   →酒  → 禁酒  →酒  →俺

     →人生    「酒」
 
 
Q 津屋川(海津市)
 


  

Posted by あおなみ遊子 at 22:39TrackBack(0)

2019年03月15日

アオナミ想 P

啓蟄・末候 2019/03/16 ~ 
「菜虫化蝶」  菜虫(なむし)蝶(ちょう)となる
       
             お気に入り  俳・歌・柳 壇  300
       
        < 俳 壇 >
               穴を出し 蟻一匹に庭動く       深見 けん二

               入試終わる 一家寛ぐ夕餉かな  (いずみ市)  遼

               卒業子 暮ゆく街に紛れけり    (高山市)  照 男
            
               恋雀 三つ巴なる屋根の上   (みやま市) 幻 草
                                                                            
        < 歌 壇 > 
                 雪解けの水の力に貰ひたる
                 三連水車の廻る安曇野      (愛西市) 二 男

                 受験絵馬とお礼の絵馬と入り乱れ 
                 梅月の社にとき移り行く      (豊田市) 松 里
                  
                 泣きながら別れし友と卒業し
                 その数時間後に予備校で会う  (東京都) 知 寧

                 ハイテクの集音気器付父が聞く
                 元恋人の母の囁き         (郡山市) 美 音
                                      
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  316
     *習さんの くしゃみも乗せて来る黄 ▢
     * トランプに イエローカード出す▢▢
     *軽々と ▢▢入国する黄砂
     *パスポート 持たずに▢▢降ってくる
     *半分に 切った▢ の黄の主張
     *黄信号 別れの ▢▢ しています
     * ▢れとも 止まれともいう黄信号
  
                    

     →砂  →準備   →不法  →黄砂  →卵  →予感

     →走  「黄」
 
 
 
P 「千曲川旅情の歌」     島崎藤村 

   
小諸なる古城のほとり            あたゝかき光はあれど        暮行けば浅間も見えず
雲白く遊子(ゆうし)悲しむ          野に満つる香(かおり)も知らず   歌哀し佐久の草笛(歌哀し) 
緑なすはこべは萌えず            浅くのみ春は霞みて         千曲川いざよう波の 
若草も籍(し)くによしなし          麦の色わずかに青し          岸近き宿にのぼりつ
しろがねの衾(ふすま)の岡辺(おかべ)  旅人の群はいくつか         濁(にご)り酒濁れる飲みて
日に溶けて淡雪流る             畠中の道を急ぎぬ           草枕しばし慰む                    


  

Posted by あおなみ遊子 at 22:55TrackBack(0)

2019年03月10日

アオナミ想 O

啓蟄・次候 2019/03/11 ~ 
「桃始笑」桃(もも)始(はじ)めて笑(さ)く
                  お気に入り  俳・歌・柳 壇 299
      
        < 俳 壇 >
               大夕日 背に復興のパイプ打つ    (新潟県)完 石

               瓦礫にも 明日を告ぐる大夕焼け   (宮城県)松 柏
              
               仮設にも 孤独死のあり冴返る    (宗像市) 勝 明

               掃除機を 掛けつつ歌ふ早春賦    美濃部 治子
                                                            
        < 歌 壇 >                    
                    震災に遭いしピアノ奏でられ
                    鎮魂の音は海の底まで    (豊明市)久 子
                                  
                    春風に和毛をまとふ猫柳
                    我を呼び止め元気かと言う (豊橋市) 昌 宏

                    そこだけにひと足早く春がきて                   
                    いるような黄の帽子の群れ    (平塚市) 真希子
                  
                    暁(あかとき)の かはたれ時に 島陰を
                    漕ぎにし船の たづき知らずも   万葉集 巻20-4384                      
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  311
   *一行の メールに ▢ を荒らされる    
   * ▢ うばう 暴れん坊の春嵐
   *荒れた日の ▢▢液の日記帳
   *ブログ炎上 ▢▢ の無責任
   * ▢▢ で 鼻息荒い冬タイヤ  
   *歳時記を 荒らす地球の▢▢▢
   *荒れた分 今は ▢▢ で恩返し


                    
311 
     →胸  →傘   →修正  →匿名  →雪道  →温暖化

      →介護  「荒れる」

         
O 311           早春賦                                                        
        

Posted by あおなみ遊子 at 22:36TrackBack(0)

2019年03月05日

アオナミ想 N

弥生・初候 2019/03/06 ~ 
「 蟄虫啓戸」 蟄(すごもり)虫(むし)戸(と)を啓(ひら)く

                   お気に入り  俳・歌・柳 壇 298
      
        < 俳 壇 >  トランペット 高く吹き終え卒業す   (瀬戸市) 洋 子

               卒業証書 丸めて覗く未来かな    (東京都) かずや
  
               朗報の 来ずかたくりの花の反り   (秋田市) 耕

               一輪の 梅に寡黙の顔集う      (岡崎市)ゆきひろ 
     
                                                            
        < 歌 壇 >        
               別れ際しっかり眼(マナコ)とどめたく
               まっすぐ見れど君はうつむく      (東京) 和 生

               さ夜なかにめざむるときに物音たえ 
               われに涙のいづることあり         斎藤茂吉

               かの時に言ひそびれたる大切の
               言葉は今も胸に残れど           石川啄木

               雨音にあれこれ思い出したから
               真夜中だけど前髪を切る       (名古屋市)亜 澄
 
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  306
*言いなりに ならぬ▢▢ が叩かれる             
*▢▢▢ の 子を叱るのに要る勇気                
*病院に ▢▢ をいつも連れて行く              
* ▢ を 選んだ勇気ある夫                 
* ▢▢ んで 出した勇気はすぐ冷める
* ▢▢する 度に勇気をくれた詩                 
* ▢▢ の 勇気がなくてまだ一人                                 
                 

                    
306 
     →勇気  →思春期   →勇気  →私  →酒飲  →挫折  →一言  「勇気」

         
N  惜 別
     
  

Posted by あおなみ遊子 at 22:29TrackBack(0)

2019年02月28日

アオナミ想M  

雨水・末候 2019/03/01 ~
     「草木萠動」 草木(そうもく)萌(めば)え動(いず)る    
       
          お気に入り  俳・歌・柳 壇 297
     
       < 俳 壇 >                  
               志 はにかみて言い卒業す      (春日井市)広 之

               卒業や 反抗の日もありし背     (長野市) しどみ 
     
               叱られて 泣きに這入るや雛(ヒイナ)の間    虚 子

               消えかかる 燈もなまめかし夜の雛       蓼 太
                                              
       < 歌 壇 > 
               雨の中大き荷物を提げ持ちて
               巣立ちゆく子を見送りて佇つ        中 川

               人間(ひと)の子は優しきものよ鳥ならば 
               ふたたび逢わぬ巣立ちの別れ     (東京) 健 司

               ビルの上を群れとぶ鳥は何ならぬ
               翻るたびに光となれり        (帯広市) 澄 子

               ひととせの眠りの覚めし雛人形
               瞳さやかに春をみつむる       (扶桑町)一 枝 
  
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  301
    *まだ ▢ が ありけちけちと貯めている
    *▢▢をつけ 値切った挙句店を出る
    *▢▢に 徹しマイカー使わない
    *本当の ケチで▢▢ も出し渋る
    *投げキッスだけはけちけちしない美女
    *▢ までも なめる男をケチという
    * 年金に ケチの▢▢ を諭される
     
                    
301 
     →夢  →けち   →便乗  →返事  →美女  →皿  →美学  「けち」

         
M 啐 啄

    

Posted by あおなみ遊子 at 22:24TrackBack(0)

2019年02月24日

アオナミ想 L

雨水・次候 2019/02/24 ~
「霞始靆 」 霞(かすみ)始(はじ)めて靆(たなび)く
                        
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 296
     
       < 俳 壇 > 
               胎内の 命に春の日差しかな     (東京都) 瞳 

               雛飾る 娘の手伝ひもあてにして      汀 子
    
               雛の灯を 今宵の客に灯しけり     高浜 年尾               

               雛飾りつゝ ふと命惜しきかな      星野 立子
                                
       < 歌 壇 > 
               いじめ方 嘘のつき方 隠し方
               責任のがれを見ている子ども   (近江八幡市)吉 則
                          
               母と義母 今は亡けれど つなぎゆく 
               命たしかに ひなを飾れり      (神奈川) みどり

               御代替りの年明けにけり願はくば 
               しづかに燃えよわれの命も     (稲城市) 佳 紀

               官女らの袴の緋色 しろき衣も
               褪せし年月娘は母となり      (神奈川) みどり
               
               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  224         
    *▢▢に お辞儀されては無視できず                              
    *丁寧な  ▢▢ が妻に怪しまれ                        
    * ファックスを 送りますよと▢▢ 来る                     
    *ピンポンの よう ▢▢ の品届く                                
    * 身構える 何時もと ▢う丁寧語                          
    *丁寧に 電話の向こうお▢▢ する
    *丁寧が 過ぎて▢▢ の耳障り      

                     

224 
     →丁寧  →電話   →電話  →返礼  →違  →辞儀  →敬語  「丁寧」

    
L 網 走
   

 
  

Posted by あおなみ遊子 at 07:34TrackBack(0)

2019年02月18日

アオナミ想 k

雨水・ 初候 2019/02/19 ~
「土脉潤起」  土脉(つちのしょう)潤(うるお)い起(お)こる
       雪がしっとりとした春の雨にかわり、大地が潤い始める頃。
                  
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 295
     
       < 俳 壇 > 
               葉が守り 支えて崖の水仙花    (山口県)美保子
    
               蝋梅に 頬寄せ合へり老夫婦    (町田市)安 平 

               白梅の 哀しさを知る夕まぐれ   (平塚市)光 代

               三寒に 萎えて四温に励まさる   (吹田市)信 子

                                               
       < 歌 壇 >  
               スーパーのレジでてきぱき客捌く
               クラスに居りし不登校の子    (豊田市) 博 保
               
               組合で議論交わせし同期らが 
               今経営を熱く語れり       (宝塚市)  哲              

               かすかなる春の鼓動に聴診器 
               あてがうように水仙の咲く   (平塚市) 真希子

               かすかなる春の匂ひを嗅ぎわけて
               旅立ちてゆく鴨の群れ     (久喜市) ふさ江

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  219
    *強敵に 勝ってうれしい ▢になる                             
    *敵だから ▢▢ を見せているのです                        
    * おばさんを ▢ に回してから悲劇                     
    *敵味方 しっかり分ける▢▢入れ                              
    * ▢▢ の 美女は敵とは思えない                           
   *ライバルが ▢ してくれたファイトの火
   *きっと敵 お▢▢ がちょっと多すぎる      

                     

219 
     →酒  →笑顔   →敵  →名刺  →敵陣  →点  →世辞 「敵」

    
k  釧路港 
 

    

Posted by あおなみ遊子 at 22:14TrackBack(0)

2019年02月13日

アオナミ想 J  

立春・末候 2019/02/14 ~
「魚上氷」 魚(うお)氷(こおり)を上(いず)る
      水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春先の氷を「薄氷」と呼ぶ。
        
         
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 294
     
       < 俳 壇 >   湯豆腐や 父に聞きたきことのあり  (神戸市)拓 男

               人の世を 遠く孤高の冬の月    (豊田市) 光 洋
              
               楽しみを 見つける冬でもひとりでも (東京都)真理子

               六股の 大根もあり無人市      (大阪府) 寿 夫
                                
       < 歌 壇 >            
               明日よりは乗らぬと決めしマイカーの 
               古りし ボディーに別れをおしむ   (熱田区) けさ子

               雨を告げる曲は流れてマネキンの 
               指しなやかに閉じられており     (北 区) 倶 生              

               点滴の支柱を押して廊下ゆく 
               友の背中の小さくなりぬ       (愛西市) 二 男

               補聴器の紳士は熱き珈琲に
               氷を一つぽとりと溶かす       (稲沢市) ひろ子

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  214
    *強敵に勝ってうれしい ▢になる                             
    *敵だから ▢▢ を見せているのです                        
    * おばさんを ▢ に回してから悲劇                     
    *敵味方 しっかり分ける▢▢入れ                              
    * ▢▢ の 美女は敵とは思えない                           
   *ライバルが ▢ してくれたファイトの火
   *きっと敵 お▢▢ がちょっと多すぎる      

                     

214
     →酒  →笑顔   →敵  →名刺  →敵陣  →点  →世辞 「敵」


   
    
j 水仙(魅惑の美少年 : ギリシャ神話)
 

    

Posted by あおなみ遊子 at 20:55TrackBack(0)

2019年02月09日

アオナミ想 I  

立春・次候 2019/02/09 ~
「黄鶯睍睆」 黄鶯(うぐいす)鳴(な)く
       山里で鴬が鳴き始める頃。春の訪れを告げる鴬は「春告鳥」(はるつげどり)とも呼ばれている。 
         
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 293
     
       < 俳 壇 >   春立つや そぞろ心の火桶抱く      年 尾
    
               春立って 十日の酒をこぼし合ふ    波 郷

               春めくや がらくた市に迷ひこみ (大垣市)萩 子

               恋猫や 黒毛に白毛つけ帰る   (池田市) 淳 子
                                
       < 歌 壇 >            
               軽やかに二重跳びする孫のいて
               負けじと回せば縄足を打つ      (飯能市) 清 志               

               若者はスマホで家族写真撮る 
               老いはカメラで梅接写する       (名古屋) 武 朗

               老医師の我に向き合ひ聞きくれて 
               頷く笑顔に痛み忘るる       (調布市) 保洋子
                     
               残されし元号の総数247
               使用漢字は72字とぞ聞く        朝 日
              
               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  209
    *親切な 電話に魔物 ▢んでた                            
    *追伸に 潜ませておく僕の ▢▢                        
    * ▢潜め 医師の言葉を待っている                      
    *▢▢に 地獄 が潜む契約書                              
    *義理チョコに 潜む言えない ▢▢                          
    *原発に 潜む▢▢の根が深い
    *マドンナの ▢▢に潜むしたたかさ  

                     

209 
     →潜  →意地   →息  →押印  →恋心  →利権  →笑窪 「潜む」


 i  ダイヤモンド富士     
 
      
  

  

Posted by あおなみ遊子 at 08:01TrackBack(0)

2019年02月03日

アオナミ想 h  

立春・ 初候 2019/02/04 ~
「東風解凍」 東風(はるかぜ)凍(こおり)を解(と)く
       春の風が川や湖の氷を解かし始める頃。 「東風」(こち)とは春風を表す代名詞。
         
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 292
     
       < 俳 壇 >   待春や 気配空より大地より   (高松市) 金 子

               立春の こころがひとり歩きをり (川西市) 敏 夫

               風花の 風が運びし佳き知らせ  (西宮市) ヨネ子

               名は小太郎 恋する猫となり家出  (松原市) あ や
                                
       < 歌 壇 >            
               鬼だけどパパだからねと四歳が
               二歳にそっと豆を渡しつ       (越谷市) 祐 花
               
               貧しさに負けることなく生きている 
               金がなくても梅は綻ぶ       (三郷市) 義 熙

               価値もなきわがもやもやを断つごとく
               梅の太枝思いきり剪る       (千曲市) 光 人
             
               先住民の土地を奪ひし末裔が
               国境に塀を築かんとする     (横浜市)  肇  

             *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  204
   *出口調査で 投票 ▢ をこじ開ける                      
   *いつの日か なろう誰かの ▢▢                                     
   * ▢▢ でも 大きい箱が喜ばれ                                
   *箱に箱 ▢▢ 隠す更に箱                             
   *和菓子屋は 六個以上で ▢ い箱
   * ▢ が来て 巣箱にはもう帰らない  
           



     →箱  →薬箱   →粗品  →本心  →白  →春 「箱」


h  「立 春」
 


  

Posted by あおなみ遊子 at 20:54TrackBack(0)

2019年01月30日

アオナミ想 g  

 大寒・末候 2019/01/30~
 「鶏始乳 」 雞(にわとり)始(はじ)めて乳(とやにつ)く 。

       鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃。本来、鶏は冬は産卵せず、
       春が近づくと卵を産みました。
       
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 291
     
      < 俳 壇 >    風邪という 主婦の休みを賜りぬ  (彦根市) 樹
                                              
               妻の座に 妻のゐぬ夜のすきま風 (福 岡) 昇 蔵

               咲ききって なほ余情あり冬桜     とよ子
                         
               黎明の 茜に染まり軒氷柱     (松江市) 薊 艸

               紙を漉く 村思ひだす氷柱かな  (三豊市) ひろこ
                 
       < 歌 壇 >            
               六人が「よいしょ」と順に席につき 
               兄弟会は古きを語る        (稲沢市) 勝 也

               風吼ゆる海辺の宿で窓ガラス
               鳴る音聞きつつ蟹鍋を食ぶ      (生駒市) 修 

               火加減と時間分からず自己流で
               煮物は今日も鍋を焦がして    (美濃加茂市) 祐 司

               小型核開発目指す米国に
               遠きふるさと長崎想う        (鳥取市) 千代子

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  130
    *最前列 きっと▢▢ したい人                   
   *質問を ▢▢ しながら聞く話                 
   *想定の 範囲の問いに ▢▢ する  
   * ▢▢ 書 まだかまだかと責められる                
   *▢▢ が 好きでいつでも手を挙げる                
   * ▢▢ りも 質問ゼロも許せない                   

                 
1.30
  →質問 →準備  →安堵  →遺言  →先生 →居眠  「質問」 


     

Posted by あおなみ遊子 at 07:16TrackBack(0)

2019年01月24日

アオナミ想 f 

大寒 ・ 次候  2019/01/25~
「水沢腹堅 」 水沢(さわみず)腹堅(こおりつめ)る
 沢に厚い氷が張りつめる頃。沢に流れる水さえも凍る厳冬ならではの風景です。

       
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 290
     
    < 俳 壇 >      独りでも 生き抜くと友春近し   (札幌市)  淳

               ひとひらを 追ふひとひらの冬桜     洋 子

               つつましく 咲きて人寄せ冬桜       千寿子 
           
               自分史の ペン先とめる古い傷   (豊橋市)昌 宏

               いにしへの古都の絵巻やお山焼       昭 子
  
       < 歌 壇 >            
               わが眉に光る一本の白きもの
               見つけし時の衝撃忘れず      (東京都) 澪 子

               さめかけたきみのこころを取り戻す
               言葉さがしてみる冬桜       (松江市) 純 子 

               幸せはもう望めぬと思ふわれの
               朝の湯呑みに茶柱が立つ      (仙台市) 真 也

               四度目の元号迎へんと来し方に
               想ひ馳せつつ残星を見る      (生駒市) 喜 代

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  125
  *もの忘れ ▢▢ 今日も探し物
  * ▢▢ が 名人の手を読み尽くす
  *名人の 作った螺子が ▢ へいく
  *▢ を聞いて 見直す名人の茶碗
  * ▢▢ りの 名人目を開けて眠る
  *名人の 悪癖 ▢は知っている



1.25 「名人」
  125→名人 → Al   →月  → 値  → 居眠 → 妻  

f 1/25 山焼き(若草山)
 
  

  

Posted by あおなみ遊子 at 20:21TrackBack(0)

2019年01月20日

アオナミ想 e

大寒 ・ 初候  2019/01/20~
「款冬華 」 欵冬(ふき)の華(はなさ)く
      雪の下からふきのとうが顔をだす頃。香りが強くほろ苦いふきのとうは早春の味。 

            お気に入り  俳・歌・柳 壇 289
     
       < 俳 壇 >   母連れて ぽっくり寺へ初詣    (西尾市)  恵 美

               残り火へ 息吹きかけてゆく旅路  (鳥羽市)  たみ子

               越前蟹 ずしりと重し茹で上がり   (福井市)  俊一郎

               矍鑠と 笑む百歳よ蕪洗う     (相模原市) 明 美
                                              
       < 歌 壇 >             
               出水野に鶴が舞ふさま見に来よと
               言ひたる友の訃報がとどく       (愛西市) 二 男
              
               介護なく幾日ぶりの休日の
               吾が眼を癒す明けの雪なり       (須磨市) 泰 佑

               軒下に吊るす玉葱芽を出して
               続く命を土に埋めやる         (東京都) 美 枝

               ジャガいもの大安売りに人集る
               どこか悲しい作る人われは       (豊田市) 要 江
             
               握手して大丈夫だと送り出す
               十ヶ月間の授業の仕上げに       (可児市) 康 信

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  120
 * ブレーキを ▢んでばかりでまだ一人
 *最後には ▢▢を 踏んだ人の勝ち  
 *踏んづけちゃ ならぬ▢ の影妻の影
  *ブレーキは もう踏まないと決めた ▢

 *踏ん張ろう ピサの ▢▢ に笑われる
 *▢ り足の 一歩に迷う万歩計
 *踏み込んだ 話になると▢ を呼ぶ




1.20
「踏む」
  120→ 踏  → 場数  → 師  →恋  →斜塔  →摺  →妻 


    e 鶴居村
 

  

Posted by あおなみ遊子 at 07:02TrackBack(0)

2019年01月15日

アオナミ想 d

 小寒・末候  2019/01/15 ~
 「雉始雊 」 雉(きじ)始(はじ)めて雊(な)く
        雄がケーンケーンと甲高い声をあげて求愛する。


            お気に入り  俳・歌・柳 壇 288
     
       < 俳 壇 >   牡蠣鍋や お国言葉の寮に満ち    (津 市) 友 英
  
               生き恥を 今日も晒してとうふ鍋   (津 市) 隆 紀

               どうせなら 良き人生と自負をする  (菰野町) 典 生

               生きるため 赤旗も白旗も振り    (常滑市) 正 司

                                
       < 歌 壇 >             
               兵舎のあとの教室にうたひしロシア民謡
               まづしくもわが青春なりき       (野田市) 作 郎

               満月があなたの家の真上にと
               メール届けり残務の吾に        (稲沢市) 広 子 

               戻りたき「あの日」の増えてゆくことが
               老いゆくことか林檎咀嚼す      (春日井市) 広 之

               父病んで猟銃国に返上す
               残されし犬初雪に啼く         (津 市) いつき

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  115
* 幸せが増やす目方と ▢い皺                    
* 食べて寝て笑顔の ▢▢ しています               
* 飛び切りの ▢▢ おまけにつける店                  
* 結論に括弧 ▢う と書いておく                     
* ▢▢の 笑い所を間違える  


  115 → 笑い  修理   笑顔   笑う   人生   



      
 「ともしび」 ロシア民謡      
   
         

  

Posted by あおなみ遊子 at 06:54TrackBack(0)

2019年01月10日

アオナミ想 c  

 小寒・次候  2019/01/10 ~
 「水泉動 」 水泉(しみず)あたたかを含(ふく)む
        かすかなあたたかさを愛おしく感じる時期。

     
           樹氷
             お気に入り  俳・歌・柳 壇 287
     
       < 俳 壇 >  
               全霊を 一矢に集め弓始め      (桑名市) 敏 昭

               冴返る 太極拳の手の行方     (東村山市) カズエ
               
               スケーター 般若の貌で跳びにけり  (長野市) とも子
  
               小夜嵐 マスクの中の口結ぶ   (さいたま市) 守 男

                                               
       < 歌 壇 > 
               遠き日の二十歳迎うる吾が晴れ着
               母の手縫いの思い熱かりき      (愛知・蟹江)基 枝
               
               ひらがなを覚えし児おとうとに
               絵本読みやる声たどたどし      (藤枝市) あけみ

               家事をせよ主治医は言ひし運動は
               日々の家庭の行いにある       (奈良県)  篤
                            
               枯れ枝のごとくなりたる母の手が
               我の手握る力の強さ         (東京都) 留美子 

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

 110
* 幸せが増やす 目方と ▢い皺                    
* 食べて寝て笑顔の ▢▢ しています               
* 飛び切りの ▢▢ おまけにつける店                  
* 結論に括弧 ▢ うと書いておく                     
* ▢▢ の笑い所を間違える  


 110  → 笑い  修理   笑顔   笑う   人生   
       

                 

  

、 
  

Posted by あおなみ遊子 at 07:28TrackBack(0)

2019年01月06日

アオナミ想 b 

小寒 ・初候  2019/01/06 ~                                    
「芹乃栄」  芹(せり)乃(すなわ)ち栄(さか)う
       春の七草のひとつで、7日の七草粥に入れて食べられる。

     
   忍野八海             
               お気に入り  俳・歌・柳 壇 286 
      
       < 俳 壇 >  寒寒や 魚板の音のよくひびく     (尾張旭市) 勇里央

               飽食の 舌にやさしき薺粥       (愛西市) 二 男

               好きな酒 手術に備え自粛する     (港 区) 順 造

               伸び悩む 受験生にも光る絵馬     (関 市) よし子

               やわらかな 夫婦になった老いの坂   (江南市) 力 保             
                 
       < 歌 壇 >             
               わが知らぬ幾十年の未来待つ
               孫と玩具のロボットを組む      (愛西市) 二 男

               孫五歳いつの間にやらぼくという
               元気でいたいオレというまで     (奈良県) 悦 子 

               母と子に新たな試練転勤の
               辞令書前に途方にくれる       (立川市) 牧 子

               賑やかにホームの食堂七草がゆ
               独り居に無かった朝の倖せ      (池田市) 広 行

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -
  1.06
   餅網の上で ▢ ける自己主張
    お茶碗に ▢▢ をして食べる餅
    お雑煮の上で手踊り ▢ かつお   
    手返しの巧みな ▢ で軽い杵    
    ▢▢ のように餅食う一人っ子        

    → 弾  →換算 →花   →妻  →王様
  
   
 
   、 
  

Posted by あおなみ遊子 at 06:31TrackBack(0)

2019年01月01日

遊子想 a

 冬至・末候  2019/01/01~
「雪下出麦 」 雪(ゆき)下(くだ)りて麦(むぎ)出(のび)る。
 ・浮き上がった芽を踏む「麦踏み」は日本独特の風習。

   
    連獅子
          
             お気に入り  俳・歌・柳 壇 285
     
       < 俳 壇 >  正座して 膝に置く手に淑気満つ     (豊田市) 幸 子
 
               鏡まで かえて姿を二度三度       (大口町) 幸 子

               ゆずり葉や 子ら遠くゐて核家族     (一宮市) 知 子

               明日生きる 希望の詩を口ずさむ     (鳥羽市) たみ子
                 
       < 歌 壇 > 
               釈迦堂の廂の反りのうつくしき
               遠つみ祖の祈りこもれり    (安芸高田市) 正 史

               新春を寿ぐような群青の
               空に去年がじんわりと消ゆ      ま こ
            
               身に深くしみとほりくる鐘のおと
               内よりわれは奮ひたつなり    (朝霞市) 一 憲

               君の手の握りこぶしの球根に
               芽が出ることを願う一月     (高島市) 佳代美

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -
   101
    餅つきの □ へ集まる冬休み                     →音  
    喉の ▢ 三途の川を下見させ                    →餅  
    餅投げに □□ はエプロン広げ待つ                  →主婦   
    ▢▢▢ が広すぎますと鏡餅                     →床の間     
    ▢ ほどの粘りが欲しい土俵際                    →餅


i1. 振り■に 包み兼ねたる こぼれ梅 
2. 人生を まとめ■いする オンライン 
3. ■ちゃんの エプロンもある 台所 
4. 母さんと 分かって■■ もっと泣き 
5. 幸せと 回転ドアで すれ■う           
                →  i1. 袖 2. 買 3. 父 4. 迷子 5. 違   
                 

          (前回の解答例) 
          h1. 釣、 2. 料理、 3. 胃  4. 振、降  5. 春、

  

Posted by あおなみ遊子 at 07:44TrackBack(0)

2018年12月27日

アオナミ遊子 284

冬至 ・次候 「麋角解 」

12月27日 ~ 12月31日 「 麋(さわしか)角(つの)解(おつ)る 」
・鹿の角が落ちる頃。「麋」は大鹿のことで、古い角を落として生え変わります。

            お気に入り  俳・歌・柳 壇 
     
       < 俳 壇 >   辻立ちの 僧うごかざる年の暮   (成田市) あゆみ

               霜柱 サクサク踏みて捨てし過去    (西尾市) リ エ
          
               焚火して 厭なことみな忘れけり  (東京都) 美 範
 
               病む妻の 節の思案や年の暮    (福井県) 月 見
  
       < 歌 壇 >
               孫の夢今日も見たよと言う我に
               俺は居たかといつも夫問う     (福山市) 静 江

               光りたるメール次々消しゆけど
               また溢れだす冬の銀河へ    (石川・能登) 裕 幸

               この年の悲しみすべて清めつつ
               雪は降り積む大晦日の夜       沙 羅

               二十一本残る歯でしみじみと
               年越しそばを老いは味わう     (池田市) 広 行

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

h 1. 運を■る 餌凡人の 眼に見えず 
2. 蟹■■ 出されてからの 無言劇 
3. ■カメラを 飲ませてみたい ビルがある 
4. ■りかけに したい食後に 飲む薬 
5. 順番に 風邪をひき終え ■を待つ 

                      (解答例) → 次回 

          カンパニュラ・花ことば「 」 仏像清め・中尊寺              
            
  
                                       


           (前回の解答例) 
           g1. 女、 2. 回、帰  3. 解説 4. 黒、色、 5. 筆、指、 

 

 



   




  

Posted by あおなみ遊子 at 07:01TrackBack(0)

2018年12月21日

アオナミ遊子 283

冬至 ・ 初候「 乃東生 」

12月22日 ~ 12月26日 「乃東(なつかれくさ)生(しょう)ず」
・夏枯草が芽をだす頃。夏至の「乃東枯」に対応し、うつぼ草を表しています。

            お気に入り  俳・歌・柳 壇 
       
       
        < 歌 壇 >  共に歩み慈愛に満ちし天皇の
               退位日決まりさびしかりけり    (昭和区) 秀 信
             
               散歩する夫婦と犬のシルエット
               茜に浮かぶ冬の夕暮れ       (岡崎市) 俊 道

               出来うればこの家にひとり最期まで
               小さな厨と森見ゆる窓       (所沢市) 栄 子
      
                  
       < 俳 壇 >  注連づくり 仕上げに稲穂垂らしけり (北名古屋市)ゆうや
                   
               禅僧も サンタになりぬクリスマス    (福井県) 月 見

               クリスマス 馬房に届く蒸しタオル     (小平市) 寛 子

               鮭遡上 みな故郷へ傷を持ち     (流山市) 渓 霞               
                       
               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

g1. 着替えると 女房なかなか いい■ 
2. 澄んだ目で モデルルームを 見て■る 
3. 三歳の ■■付きで 見るアニメ 
4. 茶髪にも 飽きて戻った 元の■ 
5. リハビリの ■でかいてる ありがとう

 平成最後の天皇誕生日    
  (解答例) → 次回

   
 (前回の解答例) 
 f1 着、 2. 人、  3. 額、家  4. 暖冬  

 5. 腐、 隠 

                     
  


Posted by あおなみ遊子 at 07:48TrackBack(0)

2018年12月16日

アオナミ遊子 282

大雪・末候 「鱖魚群」

12月17日 ~ 12月21日「鱖(さけ)の魚(うお)群(むらが)る」
・ 鮭が群がって川を上る頃。川で生まれた鮭は、海を回遊し故郷の川へ帰ります。

            お気に入り  俳・歌・柳 壇 
     
       < 俳 壇 >  北風や 川沿い歩くリュックサック       (大口町) 年 造
 
               暮かすむ アートの町やのれん柿    (田原市) よし子

               ドアノブに 下げられてゐし柚子十個  (神戸市) 勝 子

               白魚の 指がしなって王手飛車     (常滑市) 正 司

       < 歌 壇 >
               梵鐘の響野面を渡り行き
               夕焼け早く昏れゆきにけり       (羽島市) 清 平

               過去ばかり心を占めて生きる老い
               命ほろほろとまた冬がくる       (愛西市) 二 男

               命終えかぜにころがるオニヤンマ
               おまえは遺伝子を残せたろうか     (奈良県) 品 子

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

f1. 恋女房 母の着物を ■せるなり 
2. 考える ■のあくびを 見てしまう
3. 自画像を 残す大きな ■を買う 
4. ■■と 言ってた筈よ 気象庁 
5. お宝を 自慢する人 ■す人 

    
 「タンチョウ」

       (解答例) → 次回



      (前回の解答例) 
            

     e1. 恋、春 恋  2. 動物  3. 流  4. 耐、 5. 汗    
  


Posted by あおなみ遊子 at 07:54TrackBack(0)