2019年05月20日

アオナミ遊子  -313 ー

小満 ・ 初候 5/21 ~
「蚕起食桑」 蚕(かいこ)起(お)きて桑(くわ)を食(は)む

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
521 
  *突然の 客に ▢▢ ▢ 裏返す
  *オレオレに 焦ってしまう ▢▢
  *焦るほど  ▢▢ 合わぬ出納簿  
  * 放つ矢が 次々折れてゆく ▢ り              
  * 焦るほど しくじる恋と ▢ の穴                  
  * ▢▢ で 真っ白ボクの暗記力  
  * 直前に  ▢▢ くご飯の炊き忘れ

                                     
521
  →座布団 →親心 →帳尻  →焦  →針  → 本番 → 気付        「焦り」


                                              
     お気に入り   「俳・歌・柳 壇」    313 
       
              薔薇の香に 溺れてみたく目を瞑る (横浜市)  龍 雄 
     
               母さんのやうな話のわかる嫁に
               嫁ぎゆく娘に父なれば言う      (奈良市) 潤 二
                               
               破れしもその眼力の強きまま
               花道さがる力士すがしき      (秦野市) 光 秋
       
                砂かぶりの少し後ろに今日も居る
               白髪眼鏡の彼うらやまし      (名古屋市)  武 朗

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       詩歌・折々                                
                 花びらをひろげ疲れしおとろへに
                 牡丹重たく萼をはなるゝ        木下 利玄 
               
                 幾山河越えさり行かば寂しさの                        
                 はてなむ国ぞ今日も旅ゆく      若山 牧水
                  
                 らころも つつなれにし ましあれば
                 るばるきぬる びをしぞおもふ  在原業平
        
  画像情報  521   
     

Posted by あおなみ遊子 at 15:42TrackBack(0)

2019年05月15日

アオナミ遊子  ー312ー

立夏・末候 5/16 ~
 「竹笋生」竹笋(たけのこ)生(しょう)ず

~~~~~~~~~~~~~~~~                                                                虫食い川柳  脳トレ  エクササイス   
 516 
  *途中まで 五分五分だったと ▢ める
  * ▢ ▢▢ ▢の 時はきっぱり下山する
  *効能と 同じくらいの ▢▢ ▢
  *五分五分の  ▢▢ 卒寿の心意気
  *五分五分と 言われた ▢ 抱いている
  *先方も バツ一ですとお ▢▢
  *割り勘の デート ▢▢ な老い同士

                                     
516 
  →慰  →五分五分 →副作用  →手術  →命  →仲人 → 気楽      「五分五分」
             
     お気に入り    「俳・歌・柳 壇」  312  
       
               芍薬は やうやく咲いて散り急ぐ   (宮崎市)  三和子 
     
               薔薇の園 満ちたる彩に溺れけり  (大阪市)  正 二

               黒潮の 味をたっぷり初鰹      (豊橋市)   清 
                               
               発車ベル鳴るのを待ちてそれぞれに
               弁当ひらく旅の始まり          (仙台市)  文 生
       
                古希の会100人の校歌どよめけり
               ピアノを弾くは傘寿の恩師       (小浜市)  幸 子


            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      詩歌折々」
                 夏来たり いよいよ尼の青つむり   高野 素十      
                 
                 夏は来ぬ相模の海の南風に 
                 わが瞳燃ゆわがこころ燃ゆ      吉井  勇
                                         
                 花鳥もみなゆきかひてむばたまの
                 夜のまに今日の夏はきにけり     紀  貫之
 
        
  画像情報 516
 
名古屋ゴールデンエイジ・メールクワイヤー
 ♬夏がくれば 思い出す     はるかな尾瀬 遠い空
  霧のなかに うかびくる    やさしい影 野の小径(こみち)  
  水芭蕉の花が 咲いている  夢見て咲いている 水のほとり  
  石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる   
  はるかな尾瀬 遠い空
♬        
                           

Posted by あおなみ遊子 at 12:25TrackBack(0)

2019年05月10日

アオナミ遊子  ー311ー

立夏・次候  5/11 ~
 「蚯蚓出」 蚯蚓(みみず)出(い)ずる
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
511 
  *母が来る たびに干されている ▢▢
  *見られたい 順に ▢▢ 干してます  
  *軒下に 家族 ▢▢ 干している
  *物干し台  ▢ と話をする所
  *真夜中に 洗った ▢ 月に干す
  *一夜干し 炙って ▢ と差し向かい
  *お出かけの  ▢ のパンツも干しておく
                                      
511  
     →蒲団  →洗濯   →構成  →星  →心  →猫 → 妻    「干す」


                                                                  
     お気に入り   「俳・歌・柳 壇」    311 
       
               旅客機の 腹迫りくる潮干狩    (所沢市)   泉

               筍飯 家族の揃ふ日を選び   (つくば市)  陽 一

               九十二の 母をはげましカーネーション (東京都)合 志
       
                「母亡きは白」と渡されしカーネーション
               古希を過ぐれど「白」を記憶す   (高松市)  きよこ

               麗しき筝曲「春の海」を聴く
               病室の窓の光うけつつ      (宇都宮市)  光

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  詩歌・折々
     二年竹 もっとも太き立夏かな     鈴木万砂女      
                 
                 旅名残り 雲のしかかる立夏かな   飯田 蛇笏
                                         
                 今朝よりは袂も薄くたちかへて
                 花の香遠き夏衣かな          後花園院 御製         
画像情報 511



  

Posted by あおなみ遊子 at 06:20TrackBack(0)

2019年05月05日

アオナミ遊子  ー310 ー

立夏・初候  5/06 ~
「蛙始鳴」 蛙(かわず)始(はじ)めて鳴(な)く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
506 
  * 特売に 弱い ▢▢ がはしゃぎだす
  * ▢▢ で弱い チームを応援し
  * ▢▢ には 弱いが 損得は早い
  * 弱いとこ 突かれて ▢ とまらない
  *弱いふり してみせるのが ▢▢ 技
  * ▢▢ は 涙もろくてお人好し  
  * ▢▢ さんの 前でか弱い顔になる

                                  
506 
     →財布  →性分   →数字  →涙  →得意  →弱点
     → 女医    「弱い」


           
      お気に入り   「俳・歌・柳 壇    310 
       
               カーナビに 逆らい走る頑固爺   (可児市)  慶 蔵

               別人の 如き気迫で値切る妻    (春日井市) 青 夏

               お花見に「さくらさくら」と歌う母
               真横に座り肩抱きて聞く       (芦屋市) 富美子
                               
               エプロンをすれば伸びして我を追う
               準備始まる愛犬の朝         (平塚市)   雫
       
                道端で抱き上げた仔の温かさ
               消えゆくまでの十六年半       (丸亀市)  かおり
           
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           
    「詩歌・折々  藤垂れて 立夏の急雨到りけり    臼田 亜郎      
                 
                 桜色に染めし衣をぬぎかへて
                 山ほととぎす今日よりぞ待つ      和泉 式部 (後拾遺集)

                 いつしかに春は暮れたりこころまた
                 さびしきままにはつ夏に入る      若山 牧水
                                            
   
Z506




  

Posted by あおなみ遊子 at 21:27TrackBack(0)

2019年05月01日

アオナミ遊子  ー309ー

穀雨・末候 5/01  ~
「牡丹華く」 牡丹(ぼたん)華(はなさ)く

       「詩歌・折々」                
                 ながき年目に親しみしみ衣の 
                 黄丹の色に御代の朝あけ      (平成2年・上皇后 御歌)

                 たづさへて登りゆきませ山はいま
                 木々の青葉してさやけくあらむ   (平成5年・上皇后 御歌) 

                 身の上はなにか思はむ朝な朝な       
                  国やすかれといのるこころに      桜町 天皇
                                                                                                  
      お気に入り   「俳・歌 壇」    309        
               つなぐ手を 袖でかくして花衣     (八千代市)  繁

               燕来て 日本の田圃いきいきす    (津 市)  はじめ
                               
               青空に刺されし銀のピンのごと
               刹那光りてジェット機去りぬ       (狭山市)  道 昭
       
                ミッションを帯びて遙かな星へ行く
               擬人化が似合うはやぶさ2は      (仙台市)  俊 男

               ファイナルと名付けし去年の同期会
               やはりやろうと花のメール来       (小平市)  良 子
            *********************************************************************************

    虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  501 
  *片意地 を張って ▢ くエコライフ                         
  * ▢▢ を 貫き鬼の貌となる                            
  * 融通の 利かぬ ▢▢ と諦める                                                    
  * ▢▢ を 貫いて行く花便り                               
  * ▢▢ を 貫いている処世術                            
  * ▢▢ せぬ 妻と併走する覚悟    
  *ボランテイア 貫くものが ▢▢ 押す   


                                  
501 
     →貫  →信念   →血筋  →日本  →中立  →妥協
     → 背中    「貫く」
   
Y501
 

  

Posted by あおなみ遊子 at 00:00TrackBack(0)

2019年04月26日

アオナミ想   ー308-

穀雨・次候 4/25 ~
「霜止出苗」  霜(しも)止(や)みて苗(なえ)出(い)ずる

         美智子皇后の御歌
               人びとに見守られつつ御列の
               君は光の中にいましき  

               ともに平らき代を築かむと 
               諸人のことば国うちに充つ

               その帰路に己を焼きし「はやぶさ」の
               光輝かに明るかりしと
                                                                 
        お気に入り  「俳・歌 壇」  308
           
               字足らずの吾人生を字余りの
               君補ひて定型保つ           (秋田市)政 博
                    
               君のみる最後の夢のかたすみの
               ひそやかに咲く花でありたい     (堺 市) 圭 子
       
                寄せ返す波と遊んだ子の靴に
               月の砂漠の砂は光れり        (船橋市) 佳 奈

        詩歌折々」
                
              遠き世も 一睡にして杜若       寺田すず江
                                       
              安寧を祈ぎ給ひし大輪の
              御心久しくお座しけりなむ        長  月

            
*********************************************************************************
虫食い川柳  脳トレ   エクササイス -   
 425
   * 無欲だ と仰有る人もジャンボ ▢ う
   *欲張りか 詰め▢▢ が得意技
   * ティッシュ配る 人に▢▢ を出してみる   
   * もうひとつ 何か欲しいと▢▢ 分け
   * 詰め放題みかんが▢▢ あげている
   *身勝手な 欲を ▢▢と言い換える      
   * ▢▢ と いうから一つ欲しくなる


                                  
425
     →買  →放題   →両手  →形見  →悲鳴  →希望
     → 限定     「欲」
   
X425


  

Posted by あおなみ遊子 at 06:30TrackBack(0)

2019年04月19日

アオナミ想    ー307ー  

穀雨 ・ 初候 2019/04/20 ~
「葭始生 」 葭(あし)始(はじ)めて生(しょう)ず

            お気に入り  「俳・歌 壇」   307
 
   < 俳 壇 >   読経の 響く回廊牡丹咲く        (奈良市) 潤 二 

              教会の 鐘ひびきくる余花の雨   (伊勢崎市) 勝 一
                                                               
    < 歌 壇 >  教会の祈りの合唱アベ・マリア
             風のある日は我が家に届く      (岡崎市)  彰

             シルバーの合唱団のコンダクター
             何度も同じ指摘優しく        (筑紫野市) 仁 徳

         詩歌・折々」                      
              さんざめき 絶えし吉野や春深し     冬  燕
 
             けぶれども なにやらゆかし春の雨 (尾張旭市) 薫

             春高楼の花の宴
             めぐる盃影さして               土井 晩翠 
                     
  **************************************************************************
  虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  420  
   *▢▢ し 嫌いな家事がしたくなる              
   *夫いる 家の電話は▢ まない  
   *猫だって ▢ に帰れぬ訳がある                    
   *何してる 家か気になる▢ 構え                
   *束の間の 家主になれる妻の▢▢               
   *スマホから ▢▢ される家の中  
   *▢ いほど 便利な家になる老後


                                  
420
     →入院  →弾   →家  →門  →留守  →中継
     →狭  「家」

   荒城の月  420
                                         名古屋ゴールデンエイジ・メールクワイヤー






  

Posted by あおなみ遊子 at 22:15TrackBack(0)

2019年04月14日

アオナミ想   ー306ー  

清明 ・末候 2019/04/15 ~
「虹始見」 虹(にじ)始(はじ)めて見(あらわ)る

         詩歌・折々」                      
               散る桜 残る桜も散る桜           良 寛

               長男を 次男が送る花吹雪       福田 甲子雄

               堤より 花の散り込む遊び舟      高澤 良一             

               山里の春の夕ぐれ来て見れば
               いりあひのかねに花ぞ散りける    能因 法師                
                                                             
         お気に入り   「俳・歌 壇」   306
       
        <俳 壇 >  花嫁の 父の肩にも落花かな     (川越市) 良 子
 
       < 歌 壇 >  すれちがう園児の列を除ける吾に
               「こんにちは」の声小道に続く      (神戸市) 敏 子

               生まれたての白鳥のよう雨上がり
               披き始めるハクモクレンは        (津 市) あき子
                    
               通り雨行くや厨のおばさんは
               表へ走る虹を探しに           (四日市市) 祥 貴    

            *********************************************************************************

  虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  415  
     *卒論を ネットと▢ っ引きで書き                                               
     *晒し首 浮かべたような▢▢ 風呂                
     *首傾げ ▢▢ のしぐさが気にかかる              
     *この▢ を 支え続けてくれる首                   
     *断層が 首をかしげる▢▢力                     
     *ネクタイを 取り落着かぬ▢▢ 後            
     *▢▢専業 そろそろ首を切られたい 
              
 
                    
415
     →首  →露天   →医師  →顔  →原子  →定年
     →主婦  「首」
   


 
V415 


 
      

  

Posted by あおなみ遊子 at 20:32TrackBack(0)

2019年04月10日

アオナミ想 305

清明 ・次候 2019/04/10 ~
「鴻雁北」 鴻雁(こうがん)北(かえ)る

         「詩歌 折々       
                音もなく 夢魔に添い寝の春の宵   じゅんこ                

                夢千夜 春の一夜の開け易く      統 作

                風吹きて桜も散りし春の夜は
                うすくれなゐの思ひも散らむ     与謝野 晶子

                語らひを重ねゆきつつ気がつきぬ
                われのこころに開きたる窓      天皇陛下
(1958)

         お気に入り   「俳・歌・柳 壇」 

     < 川 柳 >   そうきたか  令和ようこそ一目惚れ  (広島県) 史 博

               号外に デジタル世代も手を伸ばし    (豊田市) もも子

               命令唱和 我が家は妻の言う通り     (三重県) 美 省

               命令は してはならない和が大事     (守谷市) 立 人
       
     <俳 壇>    シーソーに 二人と一人花吹雪     (和歌山市) なをみ

               満月を 待ちて始まる落花かな      (大阪府)  壽            
            
               松葉杖 立て掛けて春惜しみけり     (名古屋市) あつ子

                                                                                                   
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  410 
   * ▢ げ口は 私の耳で行き止まり                       
    * 同居して 使い分けする▢ ふたつ                        
   * 母さんは ▢ の数だけの耳を持つ                        
    * ポチの耳 家族の▢を聞き分ける                                                   
    * 髪の毛が 耳まできたら切る ▢▢ 
   * ゼロよりは 良いか耳垢ほどの ▢▢                       
   * ロックより ▢▢ にほっとしてる耳     
            
       
                    
410
     →告  →耳   →子  → 足  →合図  →利子

     →演歌  「耳」
   


U   
   

  

Posted by あおなみ遊子 at 08:11TrackBack(0)

2019年04月05日

アオナミ想 304

清明 ・ 初候 2019/04/05 ~
「玄鳥至」 玄鳥(つばめ)至(きた)る

       詩歌・折々  
           
     立ちまよふちりをしづめて桜花
                雨の後こそ色まさりけれ        樋口 一葉
 
                夕光のなかにまぶしく花みちて                               
                しだれ桜は輝を垂る          佐藤 佐太郎                            
                    
                きみ恋しおぼろ月夜に濡れつきぬ
                一人慰め女せつなや          与謝野 晶子    
                                
     
   coming in from the field     Sky and city        a leaf             
   my father's backlit hands    I own the world      falling through      
   cast a large shadow        at 4 a.m.           a child's look       
        カナダ  LeRoy Gorman        (台湾)  友 嗣       (クロアチア) Zelyko Funda  
                                                                       
     お気に入り   俳・歌 壇  304       
   
                 キラキラが並び入学待名簿
                 「子」の付く子ついにゼロとなる  (鎌倉市) 保  

                 ランドセル背負いてあまるちいさき児
                 やがて大きな年金背負う      (所沢市) 進
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  405 
    * 母さんは 忙しいのが▢▢です
    *▢ らない 普通の日々が里にある
    *何もかも ▢▢ にできる凄い人
    * ▢▢ みに スマホを持って四苦八苦
    *ホテルには 普通に置いてある ▢▢
    * 一時間 並んだ▢ は普通です
    *スカートの ▢▢ の丈で揉めている
     
  
                    
405
     →普通  →飾   →普通  → 人並  →聖書  →味

     →普通  「普通」
   

T 春爛漫 
 
   
 

 




    

Posted by あおなみ遊子 at 07:02TrackBack(0)

2019年03月31日

アオナミ想 S 

春分・末候2019/03/31 ~
「 雷乃発声」 雷(かみなり)乃(すなわ)ち声(こえ)を発(はっ)す

令和   初春の令月にして 気淑く風和ぎ
       梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす
         万葉集 巻5(815~846)序文 天平2年(730)正月13日
        ***********************************
                   
     弥生・詩歌 
           
               輝きて 碧天統ぶる朝桜      門田 窓城
               
               楼門を 潜りて見上ぐ大桜     岸野 幸子 
                                                                               
               立ちまよふちりをしづめて桜花
               雨の後こそ色まさりけれ       樋口一葉
              
               木のもとの花に今宵は埋もれて              
               あかぬ梢を思ひあかさん       西行法師
  

      お気に入り  俳・歌 壇  303
               
               微風は 化粧にまさる春の風   (枚方市) 昭 夫

               明日出会ふ 子らの名前や夕桜        尚 子
 
               手習いのさくらさくらの琴の音の               
               きこゆるここち今三分咲き      (福 岡) 澄 江

               遠くより眺め近づくことなかれ
               深山桜も恋しき人も          (三重県) 亜妃子

            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  331 
    * 母さんは 忙しいのが▢▢です
    *▢ らない 普通の日々が里にある
    *何もかも ▢▢ にできる凄い人
    * ▢▢ みに スマホを持って四苦八苦
    *ホテルには 普通に置いてある ▢▢
    * 一時間 並んだ▢ は普通です
    *スカートの ▢▢ の丈で揉めている
     
  
                    
331
     →普通  →飾   →普通  → 人並  →聖書  →味

     →普通  「普通」
   


4.01  
 

 「仲春例月 時和気晴」 春2月、季節は穏やかで空気は澄んでいる
  王 義之 (303 - 361)    張 衡 (78 - 139)
   (永和9年・353年の詩集・序文)     張 衡「帰田賦・文選巻15」
  

Posted by あおなみ遊子 at 07:27TrackBack(0)

2019年03月25日

アオナミ想 R 

春分・次候 2019/03/26 ~
「桜始開」  桜(さくら)始(はじ)めて開(ひら)く
 
             お気に入り   「俳・歌 壇」   302
       
        < 俳 壇 >
               地雷なき 国に暮らして土筆摘む     かずや
                        
               春浅し 表情かたしサーカス嬢        湊  松峙 

               サーカスの 少年の汗宙に跳ぶ     太田 常子                        
                                                                            
        < 歌 壇 >                                
               差しかけてくれてゐるらしバス停に
               隣りの傘ははつか傾き          (町田市)知 子
               
               人類が初めて宇宙へ飛び立った
               そんな感じで告白したい         (横浜市)大 樹  

               「またね」って嘘にも変わる残酷な
               言葉残して君は立ち去る        (たつの市)章 子

               ばら一輪挿され明るい玄関で
               門出と言われる退職の朝        (東京都) 公 正
                     
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  326 
   *膨らんだ 夢漂って▢ れない
   *いい夢を 見たくて▢変えてみる
   *いい夢を 見るはずだった▢▢布団     
   *若返る ▢ をCMかき立てる
   *夢見てた ▢▢ な時間持て余す
   *のど自慢 ようやく▢ が鳴った夢
   *亡き▢ に 夢の中でも叱られる

  
     
  
                    
326
     →眠  →枕   →羽根  → 夢  →自由  →鐘

     →妻  「夢」
 
 

R326  


  

Posted by あおなみ遊子 at 22:30TrackBack(0)

2019年03月20日

アオナミ想 Q

春分・ 初候   2019/03/21 ~       
「雀始巣」 雀(すずめ)始(はじ)めて巣(す)くう

      弥生詩歌             
               悟ること なくて信心彼岸来る     深見 けん二

               朗報の 来ずかたくりのはなの反り     耕

               渾身に投げ打つ網のひろがりて 
               真冬川面の光掴みぬ            と 志

      お気に入り  「俳・歌 壇」      301

      < 俳 壇 >
               朗報を 遺影に告げている祈り    (鳥羽市)  たみ子

               燃え尽きる ために追加の薪を割る (蒲郡市) 義 昭
                                                                            
      < 歌 壇 >                   
                 腰痛の治りし記念に百五十歩
                 川辺の桜ほころぶを見る   (羽島市) 芙紗子

                 買い渋り買い渋り来し補聴器に
                 飛び込んでくる行事の美声 (春日井市)準 侑

                 祝日に国旗掲げる習はしが 
                 わが町内に一軒となる    (天白区) 昌 子                    
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳 脳トレ -  エクササイス -   
  321 
   *酒粕になって二度目の▢ に就き                   
   * 進む酔い ▢▢ くさい標準語                              
   *虫が好かぬ 日頃が▢で絡みだす
   * ▢▢ 日に 聞きたくはない八代亜紀                       
   * ふる里の 訛りが▢ を注ぎに来る                          
   * 子どもには 未来 ▢ には酒がある    
   *居酒屋に ▢▢ のゴミ箱がある

     
                      
     →職  →面倒   →酒  → 禁酒  →酒  →俺

     →人生    「酒」
  
Q 326 


  

Posted by あおなみ遊子 at 22:39TrackBack(0)

2019年03月15日

アオナミ想 P

啓蟄・末候 2019/03/16 ~ 
「菜虫化蝶」  菜虫(なむし)蝶(ちょう)となる
       
             お気に入り  俳・歌・柳 壇  300
       
        < 俳 壇 >
               穴を出し 蟻一匹に庭動く       深見 けん二

               入試終わる 一家寛ぐ夕餉かな  (いずみ市)  遼

               卒業子 暮ゆく街に紛れけり    (高山市)  照 男
            
               恋雀 三つ巴なる屋根の上   (みやま市) 幻 草
                                                                            
        < 歌 壇 > 
                 雪解けの水の力に貰ひたる
                 三連水車の廻る安曇野      (愛西市) 二 男

                 受験絵馬とお礼の絵馬と入り乱れ 
                 梅月の社にとき移り行く      (豊田市) 松 里
                  
                 泣きながら別れし友と卒業し
                 その数時間後に予備校で会う  (東京都) 知 寧

                 ハイテクの集音気器付父が聞く
                 元恋人の母の囁き         (郡山市) 美 音
                                      
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  316
     *習さんの くしゃみも乗せて来る黄 ▢
     * トランプに イエローカード出す▢▢
     *軽々と ▢▢入国する黄砂
     *パスポート 持たずに▢▢降ってくる
     *半分に 切った▢ の黄の主張
     *黄信号 別れの ▢▢ しています
     * ▢れとも 止まれともいう黄信号
  
                    

     →砂  →準備   →不法  →黄砂  →卵  →予感

     →走  「黄」
 
 
 
P 「千曲川旅情の歌」     島崎藤村 

   
小諸なる古城のほとり            あたゝかき光はあれど        暮行けば浅間も見えず
雲白く遊子(ゆうし)悲しむ          野に満つる香(かおり)も知らず   歌哀し佐久の草笛(歌哀し) 
緑なすはこべは萌えず            浅くのみ春は霞みて         千曲川いざよう波の 
若草も籍(し)くによしなし          麦の色わずかに青し          岸近き宿にのぼりつ
しろがねの衾(ふすま)の岡辺(おかべ)  旅人の群はいくつか         濁(にご)り酒濁れる飲みて
日に溶けて淡雪流る             畠中の道を急ぎぬ           草枕しばし慰む                    


  

Posted by あおなみ遊子 at 22:55TrackBack(0)

2019年03月10日

アオナミ想 O

啓蟄・次候 2019/03/11 ~ 
「桃始笑」桃(もも)始(はじ)めて笑(さ)く
                  お気に入り  俳・歌・柳 壇 299
      
        < 俳 壇 >
               大夕日 背に復興のパイプ打つ    (新潟県)完 石

               瓦礫にも 明日を告ぐる大夕焼け   (宮城県)松 柏
              
               仮設にも 孤独死のあり冴返る    (宗像市) 勝 明

               掃除機を 掛けつつ歌ふ早春賦    美濃部 治子
                                                            
        < 歌 壇 >                    
                    震災に遭いしピアノ奏でられ
                    鎮魂の音は海の底まで    (豊明市)久 子
                                  
                    春風に和毛をまとふ猫柳
                    我を呼び止め元気かと言う (豊橋市) 昌 宏

                    そこだけにひと足早く春がきて                   
                    いるような黄の帽子の群れ    (平塚市) 真希子
                  
                    暁(あかとき)の かはたれ時に 島陰を
                    漕ぎにし船の たづき知らずも   万葉集 巻20-4384                      
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  311
   *一行の メールに ▢ を荒らされる    
   * ▢ うばう 暴れん坊の春嵐
   *荒れた日の ▢▢液の日記帳
   *ブログ炎上 ▢▢ の無責任
   * ▢▢ で 鼻息荒い冬タイヤ  
   *歳時記を 荒らす地球の▢▢▢
   *荒れた分 今は ▢▢ で恩返し


                    
311 
     →胸  →傘   →修正  →匿名  →雪道  →温暖化

      →介護  「荒れる」

         
O 311           早春賦                                                        
        

Posted by あおなみ遊子 at 22:36TrackBack(0)

2019年03月05日

アオナミ想 N

弥生・初候 2019/03/06 ~ 
「 蟄虫啓戸」 蟄(すごもり)虫(むし)戸(と)を啓(ひら)く

                   お気に入り  俳・歌・柳 壇 298
      
        < 俳 壇 >  トランペット 高く吹き終え卒業す   (瀬戸市) 洋 子

               卒業証書 丸めて覗く未来かな    (東京都) かずや
  
               朗報の 来ずかたくりの花の反り   (秋田市) 耕

               一輪の 梅に寡黙の顔集う      (岡崎市)ゆきひろ 
     
                                                            
        < 歌 壇 >        
               別れ際しっかり眼(マナコ)とどめたく
               まっすぐ見れど君はうつむく      (東京) 和 生

               さ夜なかにめざむるときに物音たえ 
               われに涙のいづることあり         斎藤茂吉

               かの時に言ひそびれたる大切の
               言葉は今も胸に残れど           石川啄木

               雨音にあれこれ思い出したから
               真夜中だけど前髪を切る       (名古屋市)亜 澄
 
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  306
*言いなりに ならぬ▢▢ が叩かれる             
*▢▢▢ の 子を叱るのに要る勇気                
*病院に ▢▢ をいつも連れて行く              
* ▢ を 選んだ勇気ある夫                 
* ▢▢ んで 出した勇気はすぐ冷める
* ▢▢する 度に勇気をくれた詩                 
* ▢▢ の 勇気がなくてまだ一人                                 
                 

                    
306 
     →勇気  →思春期   →勇気  →私  →酒飲  →挫折  →一言  「勇気」

         
N  惜 別
     
  

Posted by あおなみ遊子 at 22:29TrackBack(0)

2019年02月28日

アオナミ想M  

雨水・末候 2019/03/01 ~
     「草木萠動」 草木(そうもく)萌(めば)え動(いず)る    
       
          お気に入り  俳・歌・柳 壇 297
     
       < 俳 壇 >                  
               志 はにかみて言い卒業す      (春日井市)広 之

               卒業や 反抗の日もありし背     (長野市) しどみ 
     
               叱られて 泣きに這入るや雛(ヒイナ)の間    虚 子

               消えかかる 燈もなまめかし夜の雛       蓼 太
                                              
       < 歌 壇 > 
               雨の中大き荷物を提げ持ちて
               巣立ちゆく子を見送りて佇つ        中 川

               人間(ひと)の子は優しきものよ鳥ならば 
               ふたたび逢わぬ巣立ちの別れ     (東京) 健 司

               ビルの上を群れとぶ鳥は何ならぬ
               翻るたびに光となれり        (帯広市) 澄 子

               ひととせの眠りの覚めし雛人形
               瞳さやかに春をみつむる       (扶桑町)一 枝 
  
            *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  301
    *まだ ▢ が ありけちけちと貯めている
    *▢▢をつけ 値切った挙句店を出る
    *▢▢に 徹しマイカー使わない
    *本当の ケチで▢▢ も出し渋る
    *投げキッスだけはけちけちしない美女
    *▢ までも なめる男をケチという
    * 年金に ケチの▢▢ を諭される
     
                    
301 
     →夢  →けち   →便乗  →返事  →美女  →皿  →美学  「けち」

         
M 啐 啄

    

Posted by あおなみ遊子 at 22:24TrackBack(0)

2019年02月24日

アオナミ想 L

雨水・次候 2019/02/24 ~
「霞始靆 」 霞(かすみ)始(はじ)めて靆(たなび)く
                        
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 296
     
       < 俳 壇 > 
               胎内の 命に春の日差しかな     (東京都) 瞳 

               雛飾る 娘の手伝ひもあてにして      汀 子
    
               雛の灯を 今宵の客に灯しけり     高浜 年尾               

               雛飾りつゝ ふと命惜しきかな      星野 立子
                                
       < 歌 壇 > 
               いじめ方 嘘のつき方 隠し方
               責任のがれを見ている子ども   (近江八幡市)吉 則
                          
               母と義母 今は亡けれど つなぎゆく 
               命たしかに ひなを飾れり      (神奈川) みどり

               御代替りの年明けにけり願はくば 
               しづかに燃えよわれの命も     (稲城市) 佳 紀

               官女らの袴の緋色 しろき衣も
               褪せし年月娘は母となり      (神奈川) みどり
               
               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  224         
    *▢▢に お辞儀されては無視できず                              
    *丁寧な  ▢▢ が妻に怪しまれ                        
    * ファックスを 送りますよと▢▢ 来る                     
    *ピンポンの よう ▢▢ の品届く                                
    * 身構える 何時もと ▢う丁寧語                          
    *丁寧に 電話の向こうお▢▢ する
    *丁寧が 過ぎて▢▢ の耳障り      

                     

224 
     →丁寧  →電話   →電話  →返礼  →違  →辞儀  →敬語  「丁寧」

    
L 網 走
   

 
  

Posted by あおなみ遊子 at 07:34TrackBack(0)

2019年02月18日

アオナミ想 k

雨水・ 初候 2019/02/19 ~
「土脉潤起」  土脉(つちのしょう)潤(うるお)い起(お)こる
       雪がしっとりとした春の雨にかわり、大地が潤い始める頃。
                  
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 295
     
       < 俳 壇 > 
               葉が守り 支えて崖の水仙花    (山口県)美保子
    
               蝋梅に 頬寄せ合へり老夫婦    (町田市)安 平 

               白梅の 哀しさを知る夕まぐれ   (平塚市)光 代

               三寒に 萎えて四温に励まさる   (吹田市)信 子

                                               
       < 歌 壇 >  
               スーパーのレジでてきぱき客捌く
               クラスに居りし不登校の子    (豊田市) 博 保
               
               組合で議論交わせし同期らが 
               今経営を熱く語れり       (宝塚市)  哲              

               かすかなる春の鼓動に聴診器 
               あてがうように水仙の咲く   (平塚市) 真希子

               かすかなる春の匂ひを嗅ぎわけて
               旅立ちてゆく鴨の群れ     (久喜市) ふさ江

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  219
    *強敵に 勝ってうれしい ▢になる                             
    *敵だから ▢▢ を見せているのです                        
    * おばさんを ▢ に回してから悲劇                     
    *敵味方 しっかり分ける▢▢入れ                              
    * ▢▢ の 美女は敵とは思えない                           
   *ライバルが ▢ してくれたファイトの火
   *きっと敵 お▢▢ がちょっと多すぎる      

                     

219 
     →酒  →笑顔   →敵  →名刺  →敵陣  →点  →世辞 「敵」

    
k  釧路港 
 

    

Posted by あおなみ遊子 at 22:14TrackBack(0)

2019年02月13日

アオナミ想 J  

立春・末候 2019/02/14 ~
「魚上氷」 魚(うお)氷(こおり)を上(いず)る
      水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春先の氷を「薄氷」と呼ぶ。
        
         
            お気に入り  俳・歌・柳 壇 294
     
       < 俳 壇 >   湯豆腐や 父に聞きたきことのあり  (神戸市)拓 男

               人の世を 遠く孤高の冬の月    (豊田市) 光 洋
              
               楽しみを 見つける冬でもひとりでも (東京都)真理子

               六股の 大根もあり無人市      (大阪府) 寿 夫
                                
       < 歌 壇 >            
               明日よりは乗らぬと決めしマイカーの 
               古りし ボディーに別れをおしむ   (熱田区) けさ子

               雨を告げる曲は流れてマネキンの 
               指しなやかに閉じられており     (北 区) 倶 生              

               点滴の支柱を押して廊下ゆく 
               友の背中の小さくなりぬ       (愛西市) 二 男

               補聴器の紳士は熱き珈琲に
               氷を一つぽとりと溶かす       (稲沢市) ひろ子

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  214
    *強敵に勝ってうれしい ▢になる                             
    *敵だから ▢▢ を見せているのです                        
    * おばさんを ▢ に回してから悲劇                     
    *敵味方 しっかり分ける▢▢入れ                              
    * ▢▢ の 美女は敵とは思えない                           
   *ライバルが ▢ してくれたファイトの火
   *きっと敵 お▢▢ がちょっと多すぎる      

                     

214
     →酒  →笑顔   →敵  →名刺  →敵陣  →点  →世辞 「敵」


   
    
j 水仙(魅惑の美少年 : ギリシャ神話)
 

    

Posted by あおなみ遊子 at 20:55TrackBack(0)