2018年03月30日

アオナミ草子 - 247

春分・末候(3/ 31 - 4/ 4) = 「雷乃発声」 ライ スナワチ コエヲハッス  
                 (遠くで 雷の音がし始める)

       お気に入り 俳・歌・柳 壇
 
    < 歌 壇 >  間隙を許さぬごとく花は満ち
            満ちくるほどに透きとおりゆく   (豊川市)智 子

            花ふぶきにゆららとゆけば僧のごと           
            生はいとしき蜃気楼かも      (岡崎市)典 子

            春の夜の桜の散るをあびながら
            一人消えゆくまた一人行く     (岐阜市)佐千子
                       
            子らの声ころがりて来る春の朝
            ほどよくパンの焼き上がりおり   (稲沢市)ひろ子

            一年生の背中まるごとランドセル
            この世の重荷背負い始めかも    (横浜市) 侑
          
    ****************************************************** 

< 愛唱曲・画像情報 > さくらさくら  「名古屋ゴールデンエイジ・メールクワイヤー」
 
              *********************************************************************
  < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

k1. ■くものは 残らず死んで 百年忌 
2. 探し物 ここに居ますと ■っている 
3. ■約の つもりケイタイ 切ってある 
4. 行司まで ■■人に なる予感 
5. 趣味なのに ■び心が 見当らぬ 


( 解答例 → 次回 )


          


Posted by あおなみ遊子 at 21:32│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL