2017年07月02日

B あおなみ草子・Gコーラス 216

     夏至・末候(7/2 - 7/6) 「半夏生」
                 はんげ しょうず
< 名古屋Gエイジコーラス > 
 ・練習会  6月30日、(金)午後5時 ~  中区朝日神社
  練習曲  「まつばぼたん」 「青蛙」 「赤とんぼ」  
       「雪の降る街を」「故郷」 他
  
   ******************************************************
          お気に入り 俳・歌・柳 壇
  
 < 歌壇 >  黒髪の六十年を知らず生き
       古希の白髪で再開したり      (西尾市)  玲 子

       はじめてのディサービスに出でし母
       持ち帰りたる社会のかおり     (千曲市)  光 人

       膝の上に青あざがありいずこにて
       付けし打ち身ぞ老いは悲しき    (宇都宮市) 房 夫
 
       小雨降る裏山に啼く雨がへるに
       小すずめ合はす夕前の刻      (津 市)  榮二郎
                                              
  < 季節の画像情報 >  (ホタル)
    
   ******************************************************* 

 <遊子のMY SONG・画像 情報>  ㉑ 「遙かなるサンタルチア 」  

  これは、E.A.マリオが1919年に作詞・作曲し、ナポリのサンタ・ルチア海岸を離れ、船出する舟人の思いを歌った歌です。アメリカにもイタリア系アメリカ人の方がかなりいますが、当時、アメリカに新天地を求めイタリアの港を後にした人々も、祖国を離れる悲しみをこの歌に託して口ずさんでいたのではないかと思われます。
   
イタリアでは「サンタ・ルチア」というとこの曲をさすそうですが、我々日本人が聴いても美しいナポリの光景が想像でき、何か深い郷愁を誘う歌です。
     
  ****************************************************************
216 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

V1. ■■絵に ホクロがひとつ 落ちている 
2. マンションを 見ると■いて みたくなる 
3. 薬■け 少し重たく なる体 
4. 大騒ぎ したがポストは ■いまま 



解答  1. 似顔  2. 覗 叩  3. 漬  4. 赤   




  



Posted by あおなみ遊子 at 07:52│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL