2017年06月14日

b あおなみ草子・Gコーラス 211

 < 名古屋ゴールデンエイジ・メールクワイヤー >

   ~ 当面の予定 ~
   名大附属病院「院内コンサート」   9月19日
   秋の合宿 長野県「平谷温泉」 9月29日、30日 

   ~ コンサート情報 ~
  6月15日 ニュートンズ8th !  スメタナ: モルダウ他         宗次ホール
  6月16日 ロバート・ハニーサッカー バリトンコンサート 宗次ホール
  6月21日 歌声ひろばSING!sing!シング!!  北文化小劇場
  6月22日 第33回 「歌声ティーパーティ」       Rosa薔薇館

   ******************************************************

          お気に入り 俳・歌・柳 壇
  
< 俳 壇 >     父の日の 父を真中に団居ゐる    (知多市)  邦 夫

          滝音が とおくに聞こえ登山道    (天白区)  勝 久

          峠道 一条の滝白く見ゆ       (南 区)  勝 治

          登り来て 厭はず濡るる滝しぶき  (緑 区)  美喜子

          光満つ 水に影して水芭蕉      (浜松市)  一 江
                                                                 
  < 季節の画像情報 >  (紫陽花と少女)
    

******************************************************* 
 音読・脳トレ -  エクササイス - 
   声に出して読む・・・音読は、ゆっくり読むよりなるべく早く読むほど効果的。
           音読は、右脳も左脳も活性化させる究極の脳トレ。
      <毎日新聞・男の気持ち> より 
     「はばたく孫」 浜松市 T.Tさん(無職・77歳)

 教員をしている娘が1歳の男の子を連れて我が家に戻ってきてから18年がたった。定年を控えていた私が娘に代わり毎朝、保育園に孫を預けて出勤した。  孫はアトピー性皮膚炎がひどく、かゆくて爪をたててかきむしるので両腕が血だらけになる。10キロほどの道中、かゆがる孫に車を止めなんこうを塗ってやったり、少しでも気をそらせるようにアニメの主題歌をテープにとって聴かせたりと大わらわで、順調に保育園まで行ける日はなかった。

 地元の小学校に入り友達もたくさんでき、勉強に運動に普通の子どもと同じ生活ができるようになるまで、娘も私もアトピーに関する知識を身につけ、懸命に治療に取り組んだ。ハンディを自覚させないように、水泳や音楽教室などいろいろな習い事をさせた。 孫は高校で、自分の母と同じ市立高校へと進み、伝統のマンドリン部に入って活躍した。
   
 高3の夏休みからは、娘も驚くほど急に変身して猛勉強に励み始め、大学受験を迎えた。私立の東京六大学の2校に合格し、さらに、私がひそかに念願していた旧帝国大学にも合格した。アレルギー体質であるアトピーをよくするためには、都会より北海道の大地で学生生活を送るのがよいと本人も考えたのか、北海道で1人で生活することになった。7日はいよいよ入学式。娘は忙しく、私が式に出ることになっている。 父親代わりとなって慈しみ育ててきた孫の成長に、今は感無量である。


 


Posted by あおなみ遊子 at 07:50│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL