2019年01月20日

アオナミ想 e

大寒 ・ 初候  2019/01/20~
「款冬華 」 欵冬の華く 欵冬(ふき)の華(はなさ)く
      雪の下からふきのとうが顔をだす頃。香りが強くほろ苦いふきのとうは早春の味。 

            お気に入り  俳・歌・柳 壇 289
     
       < 俳 壇 >   残り火へ息吹きかけてゆく旅路   (鳥羽市)  たみ子

               矍鑠と 笑む百歳よ蕪洗う     (相模原市) 明 美

               越前蟹 ずしりと重し茹で上がり   (福井市)  俊一郎

               母連れて ぽっくり寺へ初詣    (西尾市)  恵 美
                                               
       < 歌 壇 >             
               握手して大丈夫だと送り出す
               十ヶ月間の授業の仕上げに       (可児市) 康 信

               介護なく幾日ぶりの休日の
               吾が眼を癒す明けの雪なり       (須磨市) 泰 佑

               軒下に吊るす玉葱芽を出して
               続く命を土に埋めやる         (東京都) 美 枝

               ジャガいもの大安売りに人集る
               どこか悲しい作る人われは       (豊田市) 要 江

               出水野に鶴が舞ふさま見に来よと
               言ひたる友の訃報がとどく       (愛西市) 二 男

                              *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  120
 * ブレーキを ▢んでばかりでまだ一人
 *最後には ▢▢を 踏んだ人の勝ち  
 *踏んづけちゃ ならぬ▢ の影妻の影
 *ブレーキは もう踏まないと決めた ▢
 *踏ん張ろう ピサの ▢▢ に笑われる
 *▢ り足の 一歩に迷う万歩計
 *踏み込んだ 話になると▢ を呼ぶ


1.20
「踏む」
  120→ 踏  → 場数  → 師  → 恋   →斜塔  → 摺  → 妻


    e 鶴居村
 

  

Posted by あおなみ遊子 at 07:02TrackBack(0)

2019年01月15日

アオナミ想 d

 小寒・末候  2019/01/15 ~
 「雉始雊 」 雉(きじ)始(はじ)めて雊(な)く
        雄がケーンケーンと甲高い声をあげて求愛する。


            お気に入り  俳・歌・柳 壇 288
     
       < 俳 壇 >   牡蠣鍋や お国言葉の寮に満ち    (津 市) 友 英
  
               生き恥を 今日も晒してとうふ鍋   (津 市) 隆 紀

               どうせなら 良き人生と自負をする  (菰野町) 典 生

               生きるため 赤旗も白旗も振り    (常滑市) 正 司

                                
       < 歌 壇 >             
               兵舎のあとの教室にうたひしロシア民謡
               まづしくもわが青春なりき       (野田市) 作 郎

               満月があなたの家の真上にと
               メール届けり残務の吾に        (稲沢市) 広 子 

               戻りたき「あの日」の増えてゆくことが
               老いゆくことか林檎咀嚼す      (春日井市) 広 之

               父病んで猟銃国に返上す
               残されし犬初雪に啼く         (津 市) いつき

               *********************************************************************************

 < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -   
  115
* 幸せが増やす目方と ▢い皺                    
* 食べて寝て笑顔の ▢▢ しています               
* 飛び切りの ▢▢ おまけにつける店                  
* 結論に括弧 ▢う と書いておく                     
* ▢▢の 笑い所を間違える  


  115 → 笑い  修理   笑顔   笑う   人生   



      
 「ともしび」 ロシア民謡      
   
         

  

Posted by あおなみ遊子 at 06:54TrackBack(0)

2019年01月10日

アオナミ想 c  

 小寒・次候  2019/01/10 ~
 「水泉動 」 水泉(しみず)あたたかを含(ふく)む
        かすかなあたたかさを愛おしく感じる時期。

     
           樹氷
             お気に入り  俳・歌・柳 壇 287
     
       < 俳 壇 >  
               全霊を 一矢に集め弓始め      (桑名市) 敏 昭

               冴返る 太極拳の手の行方     (東村山市) カズエ
               
               スケーター 般若の貌で跳びにけり  (長野市) とも子
  
               小夜嵐 マスクの中の口結ぶ   (さいたま市) 守 男

                                               
       < 歌 壇 > 
               ひらがなを覚えし児おとうとに
               絵本読みやる声たどたどし      (藤枝市) あけみ

               家事をせよ主治医は言ひし運動は
               日々の家庭の行いにある       (奈良県)  篤
           
               夫の炊く米つやつやと光るなり
               白粥の椀を抱えて温もる       (宮崎市) 育 代

               枯れ枝のごとくなりたる母の手が
               我の手握る力の強さ         (東京都) 留美子 

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -

 110
* 幸せが増やす 目方と ▢い皺                    
* 食べて寝て笑顔の ▢▢ しています               
* 飛び切りの ▢▢ おまけにつける店                  
* 結論に括弧 ▢ うと書いておく                     
* ▢▢ の笑い所を間違える  


 110  → 笑い  修理   笑顔   笑う   人生   
       

                 

  

、 
  

Posted by あおなみ遊子 at 07:28TrackBack(0)

2019年01月06日

アオナミ想 b 

小寒 ・初候  2019/01/06 ~                                    
「芹乃栄」  芹(せり)乃(すなわ)ち栄(さか)う
       春の七草のひとつで、7日の七草粥に入れて食べられる。

     
   忍野八海             
               お気に入り  俳・歌・柳 壇 286 
      
       < 俳 壇 >  寒寒や 魚板の音のよくひびく     (尾張旭市) 勇里央

               飽食の 舌にやさしき薺粥       (愛西市) 二 男

               好きな酒 手術に備え自粛する     (港 区) 順 造

               伸び悩む 受験生にも光る絵馬     (関 市) よし子

               やわらかな 夫婦になった老いの坂   (江南市) 力 保             
                 
       < 歌 壇 >             
               わが知らぬ幾十年の未来待つ
               孫と玩具のロボットを組む      (愛西市) 二 男

               孫五歳いつの間にやらぼくという
               元気でいたいオレというまで     (奈良県) 悦 子 

               母と子に新たな試練転勤の
               辞令書前に途方にくれる       (立川市) 牧 子

               賑やかにホームの食堂七草がゆ
               独り居に無かった朝の倖せ      (池田市) 広 行

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -
  1.06
   餅網の上で ▢ ける自己主張
    お茶碗に ▢▢ をして食べる餅
    お雑煮の上で手踊り ▢ かつお   
    手返しの巧みな ▢ で軽い杵    
    ▢▢ のように餅食う一人っ子        

    → 弾  →換算 →花   →妻  →王様
  
   
 
   、 
  

Posted by あおなみ遊子 at 06:31TrackBack(0)

2019年01月01日

遊子想 a

 冬至・末候  2019/01/01~
「雪下出麦 」 雪(ゆき)下(くだ)りて麦(むぎ)出(のび)る。
 ・浮き上がった芽を踏む「麦踏み」は日本独特の風習。

   
    連獅子
          
             お気に入り  俳・歌・柳 壇 285
     
       < 俳 壇 >  正座して 膝に置く手に淑気満つ     (豊田市) 幸 子
 
               鏡まで かえて姿を二度三度       (大口町) 幸 子

               ゆずり葉や 子ら遠くゐて核家族     (一宮市) 知 子

               明日生きる 希望の詩を口ずさむ     (鳥羽市) たみ子
                 
       < 歌 壇 > 
               釈迦堂の廂の反りのうつくしき
               遠つみ祖の祈りこもれり    (安芸高田市) 正 史

               新春を寿ぐような群青の
               空に去年がじんわりと消ゆ      ま こ
            
               身に深くしみとほりくる鐘のおと
               内よりわれは奮ひたつなり    (朝霞市) 一 憲

               君の手の握りこぶしの球根に
               芽が出ることを願う一月     (高島市) 佳代美

               *********************************************************************************

   < 虫食い川柳> 脳トレ -  エクササイス -
   101
    餅つきの □ へ集まる冬休み                     →音  
    喉の ▢ 三途の川を下見させ                    →餅  
    餅投げに □□ はエプロン広げ待つ                  →主婦   
    ▢▢▢ が広すぎますと鏡餅                     →床の間     
    ▢ ほどの粘りが欲しい土俵際                    →餅


i1. 振り■に 包み兼ねたる こぼれ梅 
2. 人生を まとめ■いする オンライン 
3. ■ちゃんの エプロンもある 台所 
4. 母さんと 分かって■■ もっと泣き 
5. 幸せと 回転ドアで すれ■う           
                →  i1. 袖 2. 買 3. 父 4. 迷子 5. 違   
                 

          (前回の解答例) 
          h1. 釣、 2. 料理、 3. 胃  4. 振、降  5. 春、

  

Posted by あおなみ遊子 at 07:44TrackBack(0)